野球で肘を痛めた人のお悩み解決集

肘の痛みの症状と解決法記事一覧

野球での肘を痛めた人が最初に見るページ

最初に紹介するのは、肘の痛みです。肘は主に投手が壊すやすい部分ですがキャッチャーなどに多く発生する障害です。大きく分けて、内側の痛み、そして外側の痛みがあります。内側の傷みは、日々のストレッチが不足していたり、投げる時のフォームの異常によって引き起こされることがあります。外側の傷みに比べてやや軽度と...

≫続きを読む

 

肘の痛みの種類

肘の痛み,腫れ,内側,外側 野球で起こる肘の痛みについて野球での肘の痛みは、主にピッチャーに発生することが多く、特に小、中学生に発生する場合は関節の軟骨の成長に悪い影響がある場合が多々ありますので、予防、治療、リハビリなどが特に大切になってくると思いますもちろん、一番の原因としては、肩とひじの酷使なのでほとんどがピッチャーの症...

≫続きを読む

 

もし、肘に痛みを感じで、野球肘だと思うなら。。

player もし、練習中、連取後に肘が痛くなったら我慢をしてもよいことはありません。肘腫れとか鋭い痛みがあれば病院直行ですが、、まずは少し肘を使うことをやめるべきです、しかし情熱的に取り組めば取り組むほ練習を休んだり、ピッチングを行わないというのはつらい選択になるはずです。しかし、それが、症状をまた、肘の治りを...

≫続きを読む

 

野球肘のためのおすすめの専門医療機関

player まず、第一段階は肘に異常を感じたらスポーツ専門のひじの専門医を訪ねることです。私が知っているのは以下の所くらいです。横浜南共生病院JCOH東京メディカルセンター慶友整形外科病院、船橋整形外科病院慶友整形外科病院 (群馬県館林市)自宅からは少し遠いですかね?もちらんこれ以外にもたくさん、専門医入ると思...

≫続きを読む

 

野球肘の痛みの解決法

毎日ある特定のスポーツを行い続けることで発症しやすい関節障害を、そのスポーツの名前を取って病名にしているものが少なくありません。「野球肘」もその1つ。特に子供の場合まだ成長期の柔らかい骨である為、大人の固い骨と違って間違った使い方をしたり酷使したりすることによって簡単に痛んでしまいます。野球少年の場...

≫続きを読む

 

野球肘の時の練習法

野球肘,痛い,練習,再開 野球肘の直接の原因の一つはは、投球時の動作により肘から手にかけての筋肉と肘から肩にかけての筋肉がお互いに引っ張り合うことで肘の軟骨が損傷することにあります。そしてこのような症状を呼んでしまうのは、投球フォームに問題があるか、毎日の投球数が多すぎることによるオーバーワーク、あるいはその両方が重なってい...

≫続きを読む

 

キャッチャーで肘が痛くなる原因は?

野球肘,キャッチャー,痛い,腫れる,解決 .投球によって肘を使いすぎる傾向にある野球は、どのポジションであっても肘の関節を傷める「野球肘」になる可能性があるのですが、特にキャッチャーはその危険性が高いと言われます。そもそも肘が痛くなる原因は、投球時に使う筋や腱が肘の骨をひっぱりそれが繰り返されることで炎症を起こしたり肘の骨の軟骨が剥がれ始め...

≫続きを読む

 

野球肘にサプリメントは有効なのか?

野球肘と聞くと、治療するにはストレッチやマッサージ、重症であれば注射や手術などを思い浮かべてしまいます。しかし、実はサプリメントを摂ることで野球肘の痛みを防止してくれることがあるのです。サプリメントと聞くと、体の栄養素を整えたり、筋肉などの体作りのために摂るものと思われがちですが、怪我や痛みに果たし...

≫続きを読む

 

野球で肘が痛む場合のテーピングの効果

野球をしていく中で、学童、少年、高校生と大きくなっていく中で、どうしても痛みを抑えてプレーしなければならない場合もあると思います。特に、そのチームのエースとか、キャッチャーの場合で、大事な局面で一時的にテーピングをして、他の守備位置に入ったりする場面は、高校野球ではたまに見る光景ではないでしょうか?...

≫続きを読む

 

市販の痛みどめは、野球肘、野球肩に効くか?

野球に痛みはつきものです。練習のしすぎでの筋肉の炎症、投球フォームからくる骨や関節の痛み、そして接触により怪我など、痛みを伴う故障や怪我のリスクがたくさんあります。軽度の痛みであれば、自然に回復することを待てばよいでしょう。ただ、それでもなかなか収まらない時に、市販の痛み止めを使うことは効果があるの...

≫続きを読む

 

野球肘のためのテーピングの方法と効果

野球を行う場合はボールを全力で投げることとなります。その為、選手は肘を痛めやすく、肘が痛いという症状に悩まされることも珍しくはありません。代表的な肘の症状は野球肘であり、毎回のように全力投球を行わなければならないピッチャーは特に野球肘に悩まされやすいのが特徴です。まず、年齢によって症状が異なっており...

≫続きを読む

 

サイドスローに転向して野球肘、野球肩が治るか?

ピッチャーを始める時は、必ずといっていいほど、オーバースローから始めます。そして経験を重ねていく上で、自分に合った投球フォームに変更していくものです。どのフォームが優れてるといったことは一概には言えません。しかし実はサイドスローが一番怪我をしにくいフォームと言われております。野球には主に4つの投球フ...

≫続きを読む

 

高校野球の関節機能検査

高校野球では、日本高等学校野球連盟、いわゆる高野連が、選手の健康管理の一環として「関節機能検査」を行うことを定めております。これは投手として出場する可能性がある選手に対して、整形外科医による検査を行うことであり、肩や肘などに異常がないかどうか確認するものです。もしこの検査の中で何かしらの異常が見つか...

≫続きを読む

 

野球肘、肩に効くサプリなんてあるのか?

野球はボールを投げる動作がメインとなるため、肘と肩に負担がかかりやすくなります。「野球肘」「野球肩」といった症状の造語ができるほど肘や肩の怪我はつきものなのです。特に肘に関しては、あまりに使いすぎると曲げることすらままならなくなります。現に、中日ドラゴンズの山本昌投手は、日常生活の中でも一定の角度か...

≫続きを読む

 

野球肘のリハビリ方法

野球において、肘は最も故障しやすい箇所の一つです。ボールを投げる動作の時にかなり負担がかかりますし、バッティングにおいても肘に衝撃を受けることがあります。野球における肘の故障を、総称して「野球肘」と呼びます。原因はいくつかあるのですが、例えば肘に負担がかかる投球フォームで投げていたり、過度な投球をし...

≫続きを読む

 

野球肘の内側の痛みのためのテーピング法

オーバーユース、つまり継続的な反復動作で関節や腱などに負荷を加えると、炎症や疲労骨折などのスポーツ障害が起こります。野球肘もその一つで、十代の男子に比較的多く発症するとされています。これは日頃のトレーニングによるオーバーユースに加え、少年期は骨や軟骨、そして筋肉が未発達であるということが関係していま...

≫続きを読む

 

少年の野球肘の予防法は?

野球肘を発症しないためには、肩や肘に負担をかけない正しいフォームで投球する必要があります。しかし正しいフォームとは、個人個人によって違い、プロ野球選手でも年ごとに修正をかける方もいます。投手による投球は特に肩や肘に負担を多くかけています。よって、骨や関節が完成されていない十代の投球は、球種や投球数が...

≫続きを読む

 

上腕外外側上顆炎と肘の痛み

野球肘と言われる、野球においておきる肘の痛みの呼称がありますが、同様にテニス肘と呼ばれるものもあります。これは正式名称を「上腕骨外側上顆炎」と呼ぶのですが、実は肘が痛いということで病院にくる人のほとんどがこの症状に合致しているのです。ただ、これはテニスだけに限りません。例えば、手を使う作業をする仕事...

≫続きを読む

 

アンダースローで投げるメリットは?

野球において、ピッチャーの投球フォームには大きく分けて4つあると言われております。その中の一つでもある「アンダースロー」にあるメリットとデメリットはどんなことなのでしょうか?プロ野球界でも、アンダースローで投げているピッチャーはそれほど多くありません。そのため、長く活躍するためには、あまり適していな...

≫続きを読む

 

ピッチャー、キャッチャーは症状がなくても検診を!

今までは、肘や肩が痛くなった、腫れてきたという事で病院や、診療所に行った場合の話しでしたが、ここでは全く症状が出る前に定期的な検診を受けることをお勧めしています。野球肘の場合、ある調査では症状がない学童チームに定期的な検診を行った場合は見つかった障害の90%以上は初期ですが、症状が出てから外来で診察...

≫続きを読む

 

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム