小学生のための身長アップ

スポンサーサイト

小学生の野球少年のための身長アップ

「男の子なんだから、やっぱり背は伸びてほしいけれど、遺伝的に期待できないかも…」と心配する親御さんは多いことでしょう。

 

確かに身長が伸びにくい要因を遺伝として受け継いでいるとそれだけ不利になりますが、逆に言えばその要因を克服する努力さえすれば、例え両親が低かろうと、身長が伸びる可能性は大いにあります。では背が伸びにくくなる要因を知る為に、まずは背が伸びるメカニズムを考えてみましょう。

 

背が伸びる直接の原因となっているのは、骨の両端、間接部分にある「骨端線」と呼ばれる軟骨です。成長期の子供はこの骨端線の成長によって背が伸びていくのですが、ある年齢に達すると固まってしまい、それ以上伸びなくなります。

 

大人になってから背が伸びることが稀なのはこのためです。逆に言えば、年齢に関係なく骨端線が固まっていない間は成長の余地があるというわけです。

 

ではどうやってこの骨端線が伸びるのかと言うと、成長ホルモンが肝臓に働きかけることで「ソマトメジンC」というホルモンを作り出し、このソマトメジンCが骨端線に働きかけて細胞を増殖させる、つまり成長させているのです。

 

player

 

それで背が伸びない要因とは、例えば肝臓に異常があってソマトメジンCの生成不足になっているとか、骨端線に以上があるだとかいった特別な理由を除けば、大抵の場合成長ホルモンの分泌が不足しているか、あるいは骨端線の成長の材料となる栄養が不足しているかのどちらかです

 

成長ホルモンの分泌不足の原因には、睡眠不足や運動不足が挙げられますが、おそらく野球少年の場合、この2つが不足しているとは考えにくいでしょう。

 

それで考えられるのは、成長ホルモンの分泌や骨の成長の材料となる栄養素の不足です。

 

現代人、特にジャンクフードを好む子供はカルシウムやマグネシウム、ビタミン、亜鉛などの身長に必要な栄養素が不足しがちです。

 

必要な栄養素を補うためにサプリメントを利用するという方法もありますが、できるだけ好き嫌いさせず自然食品から摂るようにさせることをお勧めします。

 

サプリメントはあくまで食事だけでは摂りきれない栄養素をサポートするためのものと位置づけしておきましょう。

 

野球をする小学生のための身長アップにして上げられること

身長が低くても良いと考えているお子様は、まずいらっしゃいません。実際のところ、あまり背が伸びずに悩んでいる方は非常に多く、特に男子の場合は思春期に悩んでしまうこともあります。

 

しかし、背に関しては遺伝の影響が大きいので、諦めてしまいがちな分野と言っても過言ではありません。栄養素や運動などで補う手もありますが、食事に気を使っても、運動をしても背が伸びないケースがあるのは確かです。

 

しかし、食事などに気を使わない場合は、それこそ遺伝任せとなってしまうので、背が伸びないと悩む前に何かしら行動を起こすことは欠かせません。背を伸ばしたい場合に有用なのはカルシウム、そのようなイメージがあるかもしれませんが、実際にはあまり関係ないと言われています。

 

どちらかと言えば、タンパク質を積極的に摂取することの方が重要であり、栄養素の面では最も重視したいポイントです。タンパク質が肉類などに多く含まれているのは良く知られていますが、全体的にカロリーが高めな場合が一般的となっています。

 

family dinner

 

最も、子供の頃は代謝が高いので、一気に太ることは少ないものの、親御さんとしてはカロリーが高いものを多く食べさせるのはどうかと心配してしまいがちです。そのような悩みを解決出来るのが、身長アップに効果があると言われているサプリメントとなっています。

 

まず、サプリメントの利点としてはカロリーが高くはない点が挙げられ、摂取することが原因で太ってしまうことはまず考えられません。

 

それでいて、タンパク質を始めとしてアルギニンなど、身長アップに必要な成分が多く含まれているのが特徴です。勿論、選ぶサプリメントによって効果が見られたり、あまり効果が見られなかったりするのは確かですが、背を伸ばしたいとお子様が望まれているならばサプリメントを利用してみると良いでしょう。仮に好き嫌いが多い場合でも、ほんの少し我慢するだけで飲み込むことが出来るのが魅力となっています。

身長が伸びやすい子、伸びにくい子

同じ子供でも、身長が伸びやすい子、さほど伸びない子と分かれてしまうのは確かです。身長に関わってくる要素は多くあるものの、やはり遺伝的な要素は見逃すことが出来ません。両親の身長がさほどでもないのに、子供が高身長になるケースはありますが、事例は多くはないのが実情です。

 

子供は母親の体質などを色濃く受け継ぐというのが一般的な認識ですが、必ずしも全ての要素を受け継ぐとは限りません。
player

 

母親の背が高い程に、子供の背も伸びやすいのは確かですが、背の高さの中で遺伝が占める割合は25%程度と言われています。残りの75%は生活習慣なので、母親の背が高くても伸び悩んでしまう方、母親の背が低くても大きく背が伸びる方も珍しくはありません。

 

背が伸びるかどうかで最も重要なのは生活習慣で、特に成長ホルモンが分泌されるかです。成長ホルモンは眠っている時に良く分泌されますから、どれだけ熟睡出来るかは身長に大きく関わってきます。
頻繁に夜更かしをしていて、慢性的な寝不足に陥ってしまうと、背が伸び悩む可能性が高めです。

 

また、運動も重要なのは確かとなりますが、特定のスポーツをやっていれば背が高くなるわけではありません。かつてはバレーボールやバスケットボールのように、良くジャンプするスポーツが良いと言われていました。しかし、これらのスポーツを行って最もジャンプする機会が多いのは試合に出られる子なので、そうでない場合は他のスポーツと比べてジャンプの機会が多いとは言えません。

 

どちらかと言えば、水泳のように全身をくまなく使うスポーツの方が身長には良い影響を与えます。一般的に、子供は良く食べるので栄養素が不足して背が伸び悩むことはあまりありませんが、肉類があまり好きじゃないなどの理由により、タンパク質やカルシウムの摂取量が少ないと、背があまり伸びない可能性が高くなるのは確かです。栄養素をバランス良く取り、良く眠れるような環境を整えてあげると身長が伸びやすい子になっていくでしょう。
-----

関連ページ

身長が一番伸びるのはいつ頃なのか?
背を伸ばしたい、小学生、中学生の野球少年とその保護者さんのページです。人によって身長が伸びる時期は違いますがそのじきはいつごろなのでしょうか?
背が伸びる期間は?
背を伸ばしたい、小学生のうの野球少年のためのページです。もうすぐ来る中学生の身長アップの時期までどのように過ごせばよいのかのページです
子供の身長アップで気をつけなけらばならないことは?
背を伸ばしたい、小学生のうの野球少年のためのページです。もうすぐ来る中学生の身長アップの時期までどのように過ごせばよいのか,何をすべきで、何をしてはいけないのかの説明になります。

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム