野球練習時の日焼け対策

スポンサーサイト

日焼け防止は野球上達にも効果的!

レアリスタ

ゴールデンウイークを過ぎると日中の日光のが強くなってきます。30年ほど前より日中の平均気温も上がり、日焼けの危険性も親御さん達が子供の頃より日焼けのリスクも高くなってきます。

 

そこで、野球の練習中どの様に日焼けを防いでいくのか、練習中の日焼け対策をアドバイスしていきます。

 

 

日焼けすることのによるリスクとは?

 

特に日焼け後に肌が真っ赤になる人はメラニン色素が少なく、素軍医黒くなる人はメラニン色素が多いと言われています。しかしメラニン色素が多くても皮膚細胞のDNA損傷は大きいので、大人になった際に、シミ、シワ、皮膚疾患、皮膚ガンなどの原因となります。

 

1.日焼けは皮膚の炎症ですので、身体の自然な反応として体温が上がってきますが、タダでさえ暑い日中ですので普通の状態より熱中症にかかりやすくなります。

 

2.日焼けは「軽いやけどですので脱水上場を起こしやすくなります。

 

3.日焼けによって体内の「ナチュラルキラー細胞」 の活性も鈍くなりますので免疫力低下が起こり、他の疾病二もかかりやすくなります。

日光ののダメージを少なくする方法と、そのケアは大きく分けて3つあります。

 

 

日焼けは日光を浴びてすぐに出るトラブルですが、後々多くののトラブルを引き起こします。出来たら、半袖でなく長袖のアンダーシャツを着ることをお勧めします。

 

 

 

顔とか手の平、手の甲は隠すわけには行きませんので、次に有効なのは日焼け止めを毎回確り塗ることです。

 

塗り方ですが

 

やはり、日焼け止めを塗るのが1番ですが、安価の物は肌に刺激が強う場合があるのと、汗によって落ちやすいので出来れば顔には高品質な日焼け止めをお勧めします。

 

 

腕や身体には良く伸びる、ジェルタイプの方が安価ですし塗りやすいと思います。

 

 

3つ目に有効なのは当たってしまった紫外線のダメージを少なくするのはサプリメントを摂ることです。

 

 

 

毎日サプリメントを確り摂ることも有効!

 

ビタミンC  肌の組織や、細胞の再生させコラーゲン生成にも関与強いるので、日焼けのリスクを減らす二はいちばんよいビタミンです。

 

ビタミンA 活性酸素を良く際して肌の老化を防止します。

 

ビタミンE 抗酸化酸素が強うビタミン、新陳代謝を高める。

 

ライザップが開発して発売した飲む日焼け止め対策!
 
サンタンブロック

 

 

スポーツをする全員で使える日焼け止め!
ゴルフ様に売られているUVケアですが、もちろん野球にも利用可能!
お父さんのゴルフと一緒に使用できるのでスポーツのときにはバッチリです。

 

クリーム、シート、スプレー、ローション、等色々あるのも便利です。

 




 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム