野球肘、野球肩、痛み、筋肉痛など不快な症状の解決集

スポンサーサイト

野球では肩が命!痛み対策は重要ピッチングや送球で試合の行方が変わります

野球において最も重要な要素の1つが肩の強さですね。日頃からこまめにケアしてケガをしないように気を付けてください。
ここでは野球肩や野球肘対策。そして筋トレの方法。ピッチング力を上げるためのテクニックを紹介します。

 

 

【 当サイトお勧めDVD!繰り返し見て学習しよう!!】

 

 


野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

肩の痛みの解決法記事一覧

野球少年、高校生の肩の痛みの対処法

player 野球は日本では国民的スポーツです。私の子供のころから学童、少年野球と行われていましたが、現在はリトルリーグ、ボーイズリーグ、リトルシニアなどの硬式野球も増え、軟式野球のレベルも30年前とは比較になるないほど上がっています。以前より投球制限などができて一試合の投げる量は減りましたが、現在、学童、少年野...

≫続きを読む

 

肩の痛みの原因と対処法 初級編

野球において、肩は非常に大切でデリケートな部分です。だからこそ子供のころから大切に扱いケアしなければなりません。ただ、そうはいってもどうしても怪我や故障が起きてしまうことも事実です。「肩は消耗品」という言葉もあるぐらい、酷使を続けることで必然的に壊れてしまいます。少年野球をやっている子供は、周りの大...

≫続きを読む

 

野球少年に多い肩の痛の種類とと症状

player 肩を痛めで病院に行って診断をしてもらうと、野球肩と診断させることが多いと思いますがどんな種類のの野球肩なのか理解しておかないと、自分でのケアの仕方、プレーの再開など間違ってしまうかもしれません。このサイトの初めは、現在わかっている野球肩の種類をご紹介します。1.上腕二頭筋長頭腱炎肩の使い過ぎでなるこ...

≫続きを読む

 

野球での肩の痛みの原因

player もちらん、野球での肩の痛みは投球フォームの問題が一番多いのですが、それ以外にも考えられる原因がいくつか考えられます。1.柔軟性不足元々、肩周りの筋肉、関節周りの柔軟性がないと、肩のそのほかの部分に負担がかかり投球練習すると痛みが出る場合があります。肩周りは、もちろんのこと下半身のストレッチで全身の柔...

≫続きを読む

 

野球の肩の痛みを軽減させる方法

player ピッチング、またはその他の投球動作により発生するい痛みに対処するには、ある程度投球数をした後には必ず肩を冷やすことが大切だと思います。肩の炎症が起こっているときは必ずアイシングで冷やしてください。痛みが起こる原因の初めは、炎症が起こっていますのでまずはアイシングをして冷やして炎症を押させることです。...

≫続きを読む

 

野球肩には大きく二つの原因が!

プロでもアマチュアでも、苦しめられるのが野球肩の痛みです。軽傷であればすぐに改善されますが、重症なものになると手術も必要になります。そもそもどうして野球肩になってしまうのかご存知でしょうか?実は、主に二つの原因に分けられるのです。それは、「けが」と「使いすぎ」です。まずは「けが」から説明していきまし...

≫続きを読む

 

野球肩からリハビリで復活しよう!

どれだけ普段から気を付けていても、野球肩により球を投げることができなくなってしまい、しばらく野球を離れてしまうことは多々あります。ここで一番良くないのは焦って無理をすることです。野球肩の改善には、なによりリハビリが大切と言われております。正しいリハビリ方法で我慢して治療を続けることで、長く活躍できる...

≫続きを読む

 

野球肩の痛みをテーピングで応急処置

野球をする上で、必ず知っておきたいのは、テーピングの巻き方です。特に肩に関しては痛めやすい箇所であり、常日頃からケアが重要視される箇所なので、そこの巻き方を知っているかそうでないかで大きく違います。野球選手の常識として、利き肩に負担をかけるような荷物の持ち方はしない、投球後はすばやくアイシングをする...

≫続きを読む

 

野球肩、インピンジメント症候群とサポーターでのケア

インピンジメント症候群は野球肩の中で最も多い原因です。インピンジメントとは日本語で衝突、激突という意味を持っており、上腕骨頭が肩峰に衝突した結果、炎症や損傷が発生してしまいます。肩峰は上腕骨頭の上に位置している骨であり、この両者の間には腱や滑液包が存在していて、これらが傷付くことで痛みが発生する、こ...

≫続きを読む

 

野球肩のためのテーピングは?

ピッチャーとして全力の投球を繰り返す、外野からの遠投の機会が多い、キャッチャーとして盗塁を阻止する為に全力で送球を行うなど理由は様々ですが、野球肩を発症してしまう方は多くいます。痛みが出ている場合には投球に問題が発生する可能性が極めて高く、そのような状態でプレーを続けるならば更に悪化してしまうので、...

≫続きを読む

 

アイシングは投手の肩の生命線?

野球をやっている人、もしくは詳しい人であれば、野球をする上でいかに肩が重要かはお分かりかと思います。そしてアイシングは投手にとって生命線とも言われております。どれほど入念にケアをしたり気を遣っても、常に故障のリスクがあるのが肩です。実際にプロの野球選手でも、肩の怪我で長期離脱したり、最悪引退まで追い...

≫続きを読む

 

どうして野球肩になってしまうのか?

「どうして野球肩になってしまうのか」スポーツをする上で、肩という箇所は選手にとって大切な部位です。特に野球やソフトボールのように球を投げる種目においては、最も重要な箇所の一つと言っても過言ではありません。それゆえに、故障が起きやすくなってしまうものであり、時には選手生命を脅かすほどの怪我になってしま...

≫続きを読む

 

肩甲骨周りの痛みとその解消方法

背中にある肩甲骨は、めったなことでは痛みませんが、まれに痛みを感じる場合があります。ちょうど背中の羽のような箇所であり、ここが痛むことで肩コリにも繋がることもあります。そのため、もし違和感を感じる場合は、ストレッチを行うなどの解消方法が必要です。肩甲骨の周りの痛みはなぜ起きるのか、そしてその解消方法...

≫続きを読む

 

今痛い、野球肩の痛みの処置はどのような方法がベストか?

野球をする上で、特にピッチャーを続けていく上で、付き合っていかなければならないのが野球肩の痛みです。肩は消耗品と呼ばれるほど繊細な箇所であり、自分の限界を超えて使ってしまうと、炎症を起こしたり筋肉を痛めてしまいます。だからこそ、野球をする上で野球方の痛みを取る方法を理解しておかなければならないのです...

≫続きを読む

 

肩の痛み再発させない方法はあるのか?

野球をやる上で、避けて通れないのは肩の痛みです。軽く違和感を感じるような軽度のものから、ボールが投げられなくなるほどの重症になることもあります。ひどい人では、肩の怪我により日常生活において肩から上へ上げられなくなることもあります。いかにして肩の痛みを発生しないようにするか、もし発症した場合はどのよう...

≫続きを読む

 

草野球での肩の痛みも軽く見ると。。!

子供の頃に野球をやっていて、社会人になってからも休日に草野球をしている人は多いのではないでしょうか。もちろん平日は仕事があるため、十分に練習やトレーニングをすることができません。つまり週に一度の試合に全力でプレーすることになるので、普段から野球をしている人に比べて、怪我や故障のリスクは高くなります。...

≫続きを読む

 

野球肩を治すためにインナーマッスルのトレーニング!

野球をやる上で、投手は特に肩を痛めやすいと言われております。「野球肩」と呼ばれる言葉があることからわかるように、肩の怪我と野球は切っても切り離せない関係です。野球肩にならないためにはどうしたらよいのか、その一つに肩の筋肉を鍛えるという方法があります。そこで今回は、どこにでもあるものでできる、簡単にで...

≫続きを読む

 

野球、ソフトボールで強肩になるにはどうしたらよいのか?

「強肩になるにはどうすればよいのか」野球はボールを投げる事から始まるスポーツです。投球という行為は、ピッチャーに限らず、野手であっても大切な動作になります。野球に詳しい方であればお分かり方だと思いますが、強肩というのはそれだけで魅力です。単純に投手として速い球が投げられるだけではなく、キャッチャーを...

≫続きを読む

 

野球肩防止のインナーマッスル強化法!

野球肩にならないために必要なことはなんなのでしょうか。日々の肩のケア、無理のない投球、アイシング、ストレッチなど、さまざまなことが挙げられます。そして今回注目したいのが、インナーマッスルを鍛えることでの野球肩の防止です。特に肩甲骨から上腕につながっている「棘上筋」という箇所は、肩を回転させる時に使う...

≫続きを読む

 

野球肩を改善するストレッチは?

野球肩になってしまうと、まずはその痛みや違和感が治まるまでは投球は禁止した方が無難です。ただ、何もしないでいると、なかなか治らず不安が増すこともあると思います。そこで、野球肩の改善におすすめのストレッチ法をいくつか紹介したいと思います。一つ目に、肩を内側にねじるストレッチから説明いたします。まずは、...

≫続きを読む

 

小学生から高校生の肩の痛みは注意が必要

野球肩は何も高校野球やプロ野球でなるものではありません。リトルリーグである小学生時代から野球肩になる子供もたくさんおります。子供はまだ筋肉や骨が発達していない段階ですので、もし野球肩になってしまうと、そこから成長障害につながる恐れもあります。そのため、早い段階で野球肩に対する知識と、それを防止したり...

≫続きを読む

 

野球肩の防止には肩甲骨に気を使う!

野球肩にならないためには、まず肩甲骨の動きと使い方を意識することが非常に大切だとされております。野球をやっている人は、肩の痛みに神経を使う人が多いのではないでしょう。投手は、球数制限をしたり投球後にアイシングをするなど、日々ケアを怠りませんが、野球の方も常に気を配っていると思います。そういった普段の...

≫続きを読む

 

軽症な野球肩と重症な野球肩がある?

野球において、肩の痛みが発症する症状を野球肩といいます。それには、軽傷なものと重症なものに分けられます。軽傷のものとなると、1カ月程度のノースロー調整で痛みが取れて、元通りにボールが投げられるようになります。重症ですと、痛みが取れるまでに3カ月以上かかったり、最悪手術することだってあります。手術をし...

≫続きを読む

 

肩の可動域を改善するには?

ピッチャーにとって、肩の可動域が広いかどうかというのは重要なポイントです。当然広ければ広いほど、肩を動かせる範囲が広くなるため、投球動作もスムーズになり色々なヶ所の負担も減ります。この肩の可動域は、実はストレッチによって向上することが分かっております。背中の後ろの羽のような形をしているのが、肩甲骨と...

≫続きを読む

 

アンダースローはケガをしにくいのか?

野球でピッチャーをやる方は、肩や肘の怪我に神経を使っていることと思います。少しでも肩や肘に違和感を感じると、思うようなピッチングができなくなります。普段の練習から投球後のケアまで、気を遣いすぎるということがないほど、神経を尖らせる必要があるのです。ところで、同じピッチャーでも、ソフトボールのピッチャ...

≫続きを読む

 

野球の投球での肩の可動域を大きくする方法とは?

最近は筋力トレーニングなどで、肩だけでなく全身の筋肉の量を増やして、筋力を上げる事が推奨されていますがピッチャーを中心とした投球動作には、肩周りに筋肉をつけすぎても、投球動作にじゃまになったり、筋肉がつくことによって時動きも制限されますので、注意が必要です。特にピッチャでは肩周り(肩甲骨)の柔軟性は...

≫続きを読む

 

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム