少年野球に多い肩の痛みの種類と症状

スポンサーサイト

肩の痛みの種類

肩を痛めで病院に行って診断をしてもらうと、野球肩と診断させることが多いと思いますが
どんな種類のの野球肩なのか理解しておかないと、自分でのケアの仕方、プレーの再開など間違ってしまうかもしれません。
このサイトの初めは、現在わかっている野球肩の種類をご紹介します。

 

 

 

1.上腕二頭筋長頭腱炎
肩の使い過ぎでなることが多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。
肩の前側に痛みを感じるのが特徴です。

 

2.ベネット病変
肩の後ろ側と見られる部分に棘ができ痛みを感じます。

 

 

3.肩インピンジメント症候群
関節内部がぶつかり合い、炎症が起こるもの。
腱板炎や腱板損傷、棘上筋腱炎などがあります。

 

4..SLAP損傷
軟骨が欠けてしまった事により痛みを起こします。。

 

5..神経障害
神経がの障害

 

6.ルーズショルダー
肩の関節に緩みが原因です

 

 

7.野球肩
そのほかの原因不明の症状はすべて野球肩と呼ばれています。

 

原因としては、ピッチング過多が一番の原因とされています。
小学生は一日50球以内、中学生は一日70球以内、そして高校生では1日100球以内
とされています。

 

また、肘と肩は関連していることもあるので、より入念なストレッチ、また、終わったあとに、アイシングとクールダウンを
行い、一見関係ないようですが、全身のストレッチも肩、肘の負担を減らすのに良いとされています。

 

 


肩の痛みの種類 

 

野球を続けていくことで肩に痛みを感じるようになった場合、「野球肩」を引き起こしていると考えられます。「野球肩」とは野球の投球動作が原因となり起こる肩の痛みですから、同じような動作をすることの多い他のスポーツでも同じ疾患を引き起こすことがあります。

 

一言で肩の痛みといっても異常をきたしているのは腱であったり筋であったりとその部位は様々で、その種類によって医学上の名称も異なります。ここではそのうちの2種類についてご紹介します。

 

「回旋筋腱板損傷」は、肩関節に付いている回旋筋の「棘上筋腱」と呼ばれる腱板が損傷している状態です。投球の際に肩関節が引っ張られ同時にねじれることで一部が切断される不完全断裂か、あるいは全部が切断される完全列断となり、挫傷や腱炎などを引き起こします。切断の程度にもよりますが、主な症状としては肩の腫れや肩・腕を動かす際の疼痛、腕を上下に広げて下ろす動作の特定の角度で痛みが出るといったものが挙げられます。
player

 

完全列断の場合は手術で腱を繋ぎますが、不完全列断の場合は保存治療が中心です。肩を包帯などで固定して安静にし、アイシングによって炎症が治まれば、温熱療法とリハビリが行われます。

 

「上腕骨骨端線離開」は、上腕骨の骨頭にある骨端線という軟骨に傷が付き、外れかけたり押しつぶされて幅が広くなったりしている状態です。これは骨や関節がまだ成長過程にある小学生から中学生の野球選手に多いことから、「リトルリーグ肩」とも呼ばれています。投球動作の1つである、ボールリリース直後の腕の振り下ろしでは、腕の遠心力で上腕骨が強く引っ張られ同時に肩のねじれの力も加わって、骨端線は徐々に傷ついて炎症を起こし疲労骨折を引き起こすのです。

 

症状としては、投球時に肩の前方に鈍い痛みがあり、運動していない時でも肩周囲を押すと痛みがあります。上腕骨骨端線離開と診断されたなら、数ヶ月投球を中止し、レントゲンで様子を見ながら回復を待ちます。アフロで肩を温めて血行を良くし、就寝前には湿布を貼る等して炎症を抑えると良いでしょう。回復が確認できたなら徐々にリハビリを行うことで完治させることができます。

 

 

野球少年の肩の痛みの症状と種類

 

野球を続けていくことで肩に痛みを感じるようになった場合、「野球肩」を引き起こしていると考えられます。「野球肩」とは野球の投球動作が原因となり起こる肩の痛みですから、同じような動作をすることの多い他のスポーツでも同じ疾患を引き起こすことがあります。

 

一言で肩の痛みといっても異常をきたしているのは腱であったり筋であったりとその部位は様々で、その種類によって医学上の名称も異なります。ここではそのうちの2種類についてご紹介します。

 

「回旋筋腱板損傷」は、肩関節に付いている回旋筋の「棘上筋腱」と呼ばれる腱板が損傷している状態です。投球の際に肩関節が引っ張られ同時にねじれることで一部が切断される不完全断裂か、あるいは全部が切断される完全列断となり、挫傷や腱炎などを引き起こします。切断の程度にもよりますが、主な症状としては肩の腫れや肩・腕を動かす際の疼痛、腕を上下に広げて下ろす動作の特定の角度で痛みが出るといったものが挙げられます。

 

完全列断の場合は手術で腱を繋ぎますが、不完全列断の場合は保存治療が中心です。肩を包帯などで固定して安静にし、アイシングによって炎症が治まれば、温熱療法とリハビリが行われます。

 

「上腕骨骨端線離開」は、上腕骨の骨頭にある骨端線という軟骨に傷が付き、外れかけたり押しつぶされて幅が広くなったりしている状態です。これは骨や関節がまだ成長過程にある小学生から中学生の野球選手に多いことから、「リトルリーグ肩」とも呼ばれています。

 

 

投球動作の1つである、ボールリリース直後の腕の振り下ろしでは、腕の遠心力で上腕骨が強く引っ張られ同時に肩のねじれの力も加わって、骨端線は徐々に傷ついて炎症を起こし疲労骨折を引き起こすのです。症状としては、投球時に肩の前方に鈍い痛みがあり、運動していない時でも肩周囲を押すと痛みがあります。

 

上腕骨骨端線離開と診断されたなら、数ヶ月投球を中止し、レントゲンで様子を見ながら回復を待ちます。アフロで肩を温めて血行を良くし、就寝前には湿布を貼る等して炎症を抑えると良いでしょう。回復が確認できたなら徐々にリハビリを行うことで完治させることができます。

関連ページ

野球少年、高校生の肩の痛みの対処法
野球をする球児の肩の痛みに関して。子供のころは子供によって痛みを気にしない子、逆に気にする子供、両極端で自分の感覚だけで判断しがちですので、周りの大人がしっかり見てあげてください。
肩の痛みの原因と対処法 初級編
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩 の痛みを中心に扱っていきます。肩のトラブルを抱えた場合、初めにチェックして、やるべきことなどを書いていきます
野球での肩の痛みの原因
野球少年の肩、肘の痛みを軽減させる、お悩み解決集です。肩の痛みはピッチャーに多い症状ですが、肩が痛いすべての野球をする人への参考になればよいです。
野球の肩の痛みを軽減させる方法
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩を守るサイトです。まずは、自分の肩の状態をよく観察して、平常時、違和感などを感じ取ることが大事です。
野球肩には大きく二つの原因が!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩に痛みの原因を大まかに分けて、予防、治療の役に立ててもらおうと思います。
野球肩からリハビリで復活しよう!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩の痛み、違和感を治す方法のおまとめサイトです。
野球肩の痛みをテーピングで応急処置
小学校、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩のテーピングをのやり方とどのような目的でテーピングを行うかの説明です。
野球肩、インピンジメント症候群とサポーターでのケア
学童野球、中学野球、高校、草野球まで野球をする人達の肩、特にインビンジメント症候群のケアに関して説明いたします
野球肩のためのテーピングは?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達で肩を痛めた選手へのテーピング方法です。 肩の痛めた場所によっては張り方は違いますが、一般的なものから説明したいと思います。
アイシングは投手の肩の生命線?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩、疲労をアイシングなどでどのように回復させるか、効果はどんなのものなのかを説明いたします。
どうして野球肩になってしまうのか?
学童野球、中学野球、高校、草野球まで野球をする人達の野球肩はどのような理由で発生してしまうのか、かた、発生理由別にどのゆな予防策があるのかを説明します。
肩甲骨周りの痛みとその解消方法
学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩と肩甲骨周りの痛みの解消を目指します。この辺りは神経が鈍いので自分でもどこが問題なのかわかりにくいと思います。
今痛い、野球肩の痛みの処置はどのような方法がベストか?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の野球肩の段階的ないくつかの対処法と、痛みの軽減、治療法の中でいくつかを紹介していきます。
肩の痛み再発させない方法はあるのか?
ピッチャー、キャッチャー等の肩の痛みは一度治っても、また再発する場合が多いのですが、それを防ぐ方法等をしていきます。
草野球での肩の痛みも軽く見ると。。!
草野野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。ここでは軟式、草野球での肩の痛みも放っておくと深刻な状況になることもあるとの記事です
野球肩を治すためにインナーマッスルのトレーニング!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩を中心に痛みにをまとめたサイトです。野球肩の予防にはインナーマッスルを鍛えることが必要です。日常生活でできるトレーニングをご紹介します。
野球、ソフトボールで強肩になるにはどうしたらよいのか?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球、ソフトボールをする人にとぅての情報発信です。肩の強さはある程度は素質ですが身体全体を使う練習によって改善できると思います。
野球肩防止のインナーマッスル強化法!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の野球肩を防止するためのインナーマッスルのトレーニングを紹介していきます。ここを鍛えることにより、投球動作で正しい体の使い方を覚えていきます。
野球肩を改善するストレッチは?
野球少年、高校生、草野球の選手へ!!野球肩の初期ででしたら、まだまだストレッチ、フォームの見直し等で改善する場合もありますので、是非試してみてください。
小学生から高校生の肩の痛みは注意が必要
10代の肩の痛みは大人の痛みと違い骨端線にかかわるものがあるので注意が必要です。 成長途中の野球少年の肩を守りましょう!
野球肩の防止には肩甲骨に気を使う!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の野球肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。野球肩と肩甲骨は密接な関係があることが分かっています。
軽症な野球肩と重症な野球肩がある?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。肩の痛みの中にも、軽症なものと、
肩の可動域を改善するには?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。ここでは、肩の可動域を大きくするストレッチを紹介していきます、
アンダースローはケガをしにくいのか?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。ここではアンダースローのピッチャーがケガをしにくいのかを考察していきます。
野球の投球での肩の可動域を大きくする方法とは?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。ここではピッチャーを中心とした、投球動作をする時に役に立つ方の可動域を広げるにはどうしたら良いのか解説していきます

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム