野球肩のテーピング方法 基本編

スポンサーサイト

野球肩のためのテーピング入門編。

 
ピッチャーとして全力の投球を繰り返す、外野からの遠投の機会が多い、キャッチャーとして盗塁を阻止する為に全力で送球を行うなど理由は様々ですが、野球肩を発症してしまう方は多くいます。

 

痛みが出ている場合には投球に問題が発生する可能性が極めて高く、そのような状態でプレーを続けるならば更に悪化してしまうので、何らかの対処を行わなければいけません。痛みが出たならば必ず、なるべく違和感を覚えた時点で医療機関に向かい、専門医に診てもらう必要があります。

 

 

中学や高校の部活に所属している場合は、どうしても休むわけにはいかない、そう考えてしまう方も珍しくはありません。しかし、医療機関で診てもらった場合にはまず休むように指示されますので、投球を行わないようにすることが重要です。

 

痛みがさほどでもない場合は、内服薬の服用程度で痛みが収まる場合もあり、軽症のうちに対処を行えば休む期間も最低限で済みます。それに対して、慢性化している場合には簡単に治らないことも多く、投球を行わない以外に様々な処置を受けるのが普通です。

 

注射で痛みを取り除く、ストレッチを入念に行うなどの処置が行われることが多く、同時にテーピングを行うように指示をされることになります。患部を動かしてしまっては、痛みを感じてしまいますし、それが原因で内部が更に傷付くきっかけになりかねません。

 

内部のどこが傷付いているかは人によって異なっているものの、肩の前側が痛むケースが多めです。

 

そのような場合に利用されるテープは伸縮性に優れており、30cmから40cm程度のものとなります。まずは肘の外側から脇の上を通って鎖骨の上の方に向かうように、螺旋状にテープを貼っていくのが1本目です。それとテープの角ははさみで切っておいた方がはがれ防止になります。

 

2本目は1本目の終点である鎖骨の上の反対側、体の後ろからテープを貼っていき、脇の上を通過して肘の内側へと向かいます。1本目と2本目のテープがXの形になるように貼っていくのがコツであり、痛んでいる箇所で2本のテープを交差させることが重要です。

 

体の後ろ側に正確にテープを貼るのは難しいので、なるべく誰かにやって貰った方が良いものの、1人でも対処は可能です。1人にせよ、誰かにやって貰うにせよ、必ず腕は上げた状態で処置を行わなければいけません。

 

腕を下ろした状態と、腕を上げている状態では筋肉や関節などの位置も変わってきますので、必ず腕を上げてから行う必要があります。このテーピングは、野球肩を予防したい方、既に痛みが起きているけれども重症ではない方に向いている手法です。

 

無理をしてでも試合や練習に出たいという方の場合、完全に固定してしまうと投球は不可能となります。

 

その為、最低限ながら関節や筋肉が可動するようにしており、無理をすれば投球を行うことも可能です。一方で、重症化している方の場合は、このような中途半端なテープの貼り方では問題を引き起こしますので、完全に固定させる必要があります。

 

その場合には多数のテープが必要であり、まずは腕に力を入れた状態で肘に近い位置の上腕二頭筋の箇所にテープを巻き付けていき、次に胸から首を通過して背中にかけてテープを貼れば基準が完成です。

 

この2つのテープの間の隙間を埋めるように、腕の方から首の方に向かってテープを貼っていけば良いでしょう。

 

まずは腕の中央部を通るように、そして腕の内側から背中側にかけて、腕の外側から胸の上にかけて貼っていきます。痛みが発生しているところで交差させる点は変わっていないので、こちらもXの文字を意識して下さい。

 

これだけでは何かの弾みに剥がれてしまうこともあるので、最初の方に貼った胸から背中にかけてのテープを補強するように貼っていきます。こちらは腕を下ろした状態で処置を行っても問題はありません。

 

少し違いますが、こんな感じの動画がありました!!

 

 

 

関連ページ

野球少年、高校生の肩の痛みの対処法
野球をする球児の肩の痛みに関して。子供のころは子供によって痛みを気にしない子、逆に気にする子供、両極端で自分の感覚だけで判断しがちですので、周りの大人がしっかり見てあげてください。
肩の痛みの原因と対処法 初級編
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩 の痛みを中心に扱っていきます。肩のトラブルを抱えた場合、初めにチェックして、やるべきことなどを書いていきます
野球少年に多い肩の痛の種類とと症状
野球少年に多い肩の症状と、どこの筋肉、腱、関節が痛んでいるのかを解説します。これも、症状の進行度によって処置が変わってきます。
野球での肩の痛みの原因
野球少年の肩、肘の痛みを軽減させる、お悩み解決集です。肩の痛みはピッチャーに多い症状ですが、肩が痛いすべての野球をする人への参考になればよいです。
野球の肩の痛みを軽減させる方法
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩を守るサイトです。まずは、自分の肩の状態をよく観察して、平常時、違和感などを感じ取ることが大事です。
野球肩には大きく二つの原因が!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩に痛みの原因を大まかに分けて、予防、治療の役に立ててもらおうと思います。
野球肩からリハビリで復活しよう!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩の痛み、違和感を治す方法のおまとめサイトです。
野球肩の痛みをテーピングで応急処置
小学校、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩のテーピングをのやり方とどのような目的でテーピングを行うかの説明です。
野球肩、インピンジメント症候群とサポーターでのケア
学童野球、中学野球、高校、草野球まで野球をする人達の肩、特にインビンジメント症候群のケアに関して説明いたします
アイシングは投手の肩の生命線?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩、疲労をアイシングなどでどのように回復させるか、効果はどんなのものなのかを説明いたします。
どうして野球肩になってしまうのか?
学童野球、中学野球、高校、草野球まで野球をする人達の野球肩はどのような理由で発生してしまうのか、かた、発生理由別にどのゆな予防策があるのかを説明します。
肩甲骨周りの痛みとその解消方法
学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩と肩甲骨周りの痛みの解消を目指します。この辺りは神経が鈍いので自分でもどこが問題なのかわかりにくいと思います。
今痛い、野球肩の痛みの処置はどのような方法がベストか?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の野球肩の段階的ないくつかの対処法と、痛みの軽減、治療法の中でいくつかを紹介していきます。
肩の痛み再発させない方法はあるのか?
ピッチャー、キャッチャー等の肩の痛みは一度治っても、また再発する場合が多いのですが、それを防ぐ方法等をしていきます。
草野球での肩の痛みも軽く見ると。。!
草野野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。ここでは軟式、草野球での肩の痛みも放っておくと深刻な状況になることもあるとの記事です
野球肩を治すためにインナーマッスルのトレーニング!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肩を中心に痛みにをまとめたサイトです。野球肩の予防にはインナーマッスルを鍛えることが必要です。日常生活でできるトレーニングをご紹介します。
野球、ソフトボールで強肩になるにはどうしたらよいのか?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球、ソフトボールをする人にとぅての情報発信です。肩の強さはある程度は素質ですが身体全体を使う練習によって改善できると思います。
野球肩防止のインナーマッスル強化法!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の野球肩を防止するためのインナーマッスルのトレーニングを紹介していきます。ここを鍛えることにより、投球動作で正しい体の使い方を覚えていきます。
野球肩を改善するストレッチは?
野球少年、高校生、草野球の選手へ!!野球肩の初期ででしたら、まだまだストレッチ、フォームの見直し等で改善する場合もありますので、是非試してみてください。
小学生から高校生の肩の痛みは注意が必要
10代の肩の痛みは大人の痛みと違い骨端線にかかわるものがあるので注意が必要です。 成長途中の野球少年の肩を守りましょう!
野球肩の防止には肩甲骨に気を使う!
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の野球肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。野球肩と肩甲骨は密接な関係があることが分かっています。
軽症な野球肩と重症な野球肩がある?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。肩の痛みの中にも、軽症なものと、
肩の可動域を改善するには?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。ここでは、肩の可動域を大きくするストレッチを紹介していきます、
アンダースローはケガをしにくいのか?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。ここではアンダースローのピッチャーがケガをしにくいのかを考察していきます。
野球の投球での肩の可動域を大きくする方法とは?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘、肩、疲労などを中心に痛みにをまとめたサイトです。ここではピッチャーを中心とした、投球動作をする時に役に立つ方の可動域を広げるにはどうしたら良いのか解説していきます

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム