野球でのひざの痛みのお悩み解決集

スポンサーサイト

野球で起こるひざの痛み

 

野球は走り続けるスポーツではありません。一つ一つのプレーに間があり、静と動を繰り返すものです。だからサッカーやバスケットボールなど常に走り続ける競技に比べて、ひざを痛めたという話はあまり聞かないかもしれません。

 

ただ、実際には野球にも練習中や試合中にひざを痛めてしまうことは多くあるのです。いったい何が原因でひざを痛めてしまうのでしょうか?

 

原因の一つとして、筋力が低下してしまうことが挙げられます。膝周辺の筋肉が弱まってしまうと、膝を伸ばした時に膝を支えることができなくなります。

 

そのため、膝の動きが不安定になったり衝撃を吸収できなくなってしまいます。
筋肉疲労も、時間の経過とともに回復しますが、筋力が低下していると、その回復も遅れてしまい膝への負担が大きくなります。

 

 

 

 

 

また練習環境や、使用する道具も影響すると言われております。例えばランニングをする際に、固いアスファルトの上を走り続けるより、土や芝生の柔らかい地面の方が圧倒的に膝への負担は少なくなります。

 

坂道や急な階段などを走る場合も、普段の道のりよりも負担が大きいので、練習後は十分な休息とストレッチが必要です。またシューズも自分に合ったものでないと、不必要に膝を痛めてしまうこともあります。

 

とりわけキャッチャーの人は、膝の痛みと常に付き合っていかなければなりません。普段はしゃがんだ姿勢でボールを取り、キャッチした後は立ち上がるため、屈伸運動を最も多く行うポジションです。

 

また本塁上のクロスプレーでランナーと衝突し、膝への直接的なダメージから負傷してしまうことも多々あります。

 

読売ジャイアンツの阿部選手は膝の怪我から年々スタメンマスクをかぶる機会が少なくなり、今や一塁手としてプレーしております。それほどキャッチャーにとって膝のアクシデントはつきものなのです。

 

膝は、スポーツの基本である「走る」をする上で、一番大切な場所です。また同時に負担がかかる個所でもあるため、常日頃から大切にしなければなりません。

 

野球では、ひざを痛めてもできることがあるため、無理をしてしまいがちですが、基本的には痛みが酷い時には、上半身の筋トレなど、下半身に負担のかからない練習をしましょう。

 

関連ページ

ひざが痛くなった時に見る最初のページ
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざに痛みを感じたら最初に見てもらうページです。
野球のひざの痛みの種類
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざの痛みに特化したお悩み解決法のページです。特に成人の方は必見です。
野球少年のひざの痛み、貼れの原因は?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざの痛みに特化したお悩み解決法のページです。いくつかの例を出して説明します。
野球で起こるひざの内側の痛みの原因、治療は?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ここではひざの内側の痛みに絞って解説してい行きたいと思います
ひざの痛みで内側と外側の両方に「痛みがある場合は?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざの痛みに特化したサイトで、ひざの内側、外側両方に痛みがある場合の対処法です。
ジョギング、ランニングでのひざの痛みの対処法?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ランニングによるひざの痛みに特化したお悩み解決法のページです。

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム