野球でのひざの痛みのお悩み解決集

スポンサーサイト

野球出ひざを痛めた場合の原因とケア

 

様々なスポーツで起こってしまうのが、膝が痛いという事態です。スポーツを行った結果として膝が痛んでしまう場合、その原因は大きく2種類に分けられます。

 

1つ目はスポーツ外傷と呼ばれるものであり、瞬間的に巨大な力が膝にかかってしまい、打撲や骨折などを引き起こすのが特徴です

 

転んだ結果として膝が損傷してしまう、他のプレーヤーと交錯した結果として膝を痛めてしまうなどは良く見られるケースであり、突発的なものなので防ぐのは困難となっています

 

二つ目はオーバーユース、つまりひざの使い過ぎです

 

スポーツを全くされていない方であっても、膝が痛んでしまうケースは珍しくはありません。

 

普通に生活するだけでも膝は傷付いてしまうので、運動を熱心にされている方の場合はオーバーユースに陥りやすい状態となっています。
 

 

 

 

膝を使い過ぎてしまうことにより周辺の筋肉が炎症を起こしてしまうケースが多く、もっと酷いケースだと疲労骨折や剥離骨折を引き起こすこともあるので、膝に負担がかかっている実感があるならば注意が必要です。筋肉などの細胞は、負荷がかかると損傷してしまいますが、後で傷付いた箇所の修復が行われます。

 

 

しかし、あまりに負荷がかかり過ぎると、損傷していくスピードが修復のスピードを上回ってしまい、これが炎症の主な原因です。膝が痛いと訴える方の場合、多くはオーバーユースが原因なので、膝を支える筋肉の衰えやウォームアップ不足には注意しなければいけません。

野球ではどのポジションでも起こり得るが、キャッチャーだどに起こりやすい

 

野球をされている方でポジションがキャッチャーならば、キャッチングの姿勢で守備の大半の時間を過ごすので、他のポジジョンの選手と比べると遥かに膝に負荷がかかりやすく、オーバーユースを起こしやすいと言っても過言ではありません。

 

また、小学校高学年から高校生の時期はまだ骨が柔らかく、そのせいでオスグッド病という膝の関節痛を発症しやすい時期です。オスグッド病はオーバーユースの一種であり、部活などでキャッチャーを担当している方が発症しやすいのが特徴となっています。

 

他に、盗塁が持ち味であり、走塁で急に全力を出す方も膝を痛めやすいのでしっかりとウォームアップやクーリングダウンを行わなければいけません。

 

骨が硬くなってしまえば膝を痛めにくいものの、年齢を重ねていくと今度は衰えが原因で膝を故障しやすくなります。野球をされている方の場合、年齢に関わらず膝の状態を良くチェックしておいた方が良いでしょう。

 

膝の内側の痛みは?

 

膝の外側の痛みは?

 

 

 

 

関連ページ

ひざが痛くなった時に見る最初のページ
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざに痛みを感じたら最初に見てもらうページです。
野球のひざの痛みの種類
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざの痛みに特化したお悩み解決法のページです。特に成人の方は必見です。
野球で起こるひざの痛み
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人のひざの痛みに特化したページです。原因として、筋力低下など、ありますが、とくにキャッチャーは日あの負担が大きいので注が必要です。。
野球で起こるひざの内側の痛みの原因、治療は?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ここではひざの内側の痛みに絞って解説してい行きたいと思います
ひざの痛みで内側と外側の両方に「痛みがある場合は?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざの痛みに特化したサイトで、ひざの内側、外側両方に痛みがある場合の対処法です。
ジョギング、ランニングでのひざの痛みの対処法?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ランニングによるひざの痛みに特化したお悩み解決法のページです。

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム