野球でのひざの内側の痛みの解決法

スポンサーサイト

野球で起こるひざの痛みの原因は?

 

膝の内側には内側半月というものがあります。半月板という通称の方で知っている方も多いです。

 

そこには内側側副靭帯というのが付着しており、膝の内側が伸ばされたときこれが損傷して膝の痛みとなっている場合があります。

 

野球で急に膝をひねったり、膝に強い力がかかり膝が捻挫するのです。とにかく冷やしすことが必要です。
 

 

 

骨盤から出た3つの付着部を鷲足と言います。ストレッチをしたときなどに痛みがあるばあいは鷲足炎の可能性もあります。

 

この部分には腱筋が集まっていますが、走ったりジャンプしたりすることで擦れたり、曲げ伸ばしを繰り返すことで炎症を起こしているのが原因です。トレーニングを中止して、すぐに休息をとるようにしましょう。軽症であれば、膝を使う運動を控えて安静にしておくだけで数週間で自然治癒します。

 

内側半月自体の損傷の可能性もあります。内側半月は膝関節の間にあってクッションの役割を果たしているのですが、急激な動きや無理な体勢をしたり、強く打ち付けるとき、衝撃を吸収しきれず損傷してしまうのです。

 

 

半月板の損傷の場合は次第に間接が曲がらなくなっていき、筋肉も減っていきそのまま完全に膝が曲がらなくなったら手術をする必要も出てきます。早期の治療が必要なのです。

 

 

 

 

野球などのスポーツを行うとき走ったり飛んだり、急停止したり方向転換したりと、いずれの動きにも膝の働きは欠かせません。膝に大きな衝撃やひねりを加えるため膝への負担がとても大きく、膝の痛みになるのです。

 

膝の痛みの原因がスポーツの場合、そのまま練習を続けていれば症状が悪化するだけです。もし違和感を感じたら運動をやめ、早期の治療を行うようにしましょう。

 

膝への負担を減らすためには、運動をする前に必ず筋力トレーニングやストレッチを行い、筋肉量を増やして柔軟性を保つことが重要です。

 

無理せず途中休憩を入れながら練習するようにし、運動後はクールダウンを行ってしっかり膝を休めましょう。

 

関連ページ

ひざが痛くなった時に見る最初のページ
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざに痛みを感じたら最初に見てもらうページです。
野球のひざの痛みの種類
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざの痛みに特化したお悩み解決法のページです。特に成人の方は必見です。
野球で起こるひざの痛み
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人のひざの痛みに特化したページです。原因として、筋力低下など、ありますが、とくにキャッチャーは日あの負担が大きいので注が必要です。。
野球少年のひざの痛み、貼れの原因は?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざの痛みに特化したお悩み解決法のページです。いくつかの例を出して説明します。
ひざの痛みで内側と外側の両方に「痛みがある場合は?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ひざの痛みに特化したサイトで、ひざの内側、外側両方に痛みがある場合の対処法です。
ジョギング、ランニングでのひざの痛みの対処法?
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人は時々ひざを痛みを感じ散ると思いますが、ランニングによるひざの痛みに特化したお悩み解決法のページです。

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム