中学生、高校生の身長を伸ばすソフトメジンと睡眠

スポンサーサイト

身長伸ばすには、成長ホルモンの働きや運動、栄養の働きが大きな割合を占めています。

 

身長は両親の遺伝的な要素も強く受けていると言われていますが、その影響はたったの2~3割程度でしかありません。そのため両親の身長が低いからといって最初からあきらめる必要はなく、努力次第で身長伸ばすことは十分可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長ホルモンとは寝ている間に最も多く分泌されるホルモンのことであり、身長伸ばすのにとても重要な役割を果たしています。

 

成長ホルモンが骨の軟骨細胞を増やしてくれるため、そこにカルシウムなどの栄養素やコラーゲンが加わることによって、骨が伸びていくことで身長も伸びていきます。

 

そしてこの成長ホルモンなのですが、ソフトメジンCを増やすのにも効果的に働いてくれることが分かっています

 

 

ソフトメジンCとは成長因子のことであり、体を成長させるのに大変重要な役割を担っています。これが成長ホルモンの働きによって、肝臓で作られ、骨や血液、筋肉、内蔵の働きや成長を促進してくれるのです。身長を伸ばすためだけでなく体全体の成長に欠かせない成分ですから、身長アップのためにはこの分泌量を増やすことも重要になってきます。

 

ソフトメジンCを増やすには成長ホルモンの分泌量を増やすことが鍵になります。

 

 

そしてその鍵を握っているのが、主に睡眠と運動になります。それは睡眠中に最も多く分泌されるホルモンですから、ホルモンの分泌量が最も多くなる夜の10時から2時の間に眠りにつくことが理想的です。

 

昔から、寝る子は育つという諺がありましたが、あれはあながち間違いではなかったわけですね!(笑) 最近では小学生でも夜更かしをするお子さんが増えましたので、これは大きなマイナスだと思います。

 

身長アップのためにも早めに眠りにつかせるのが理想的です。プロテイン等のサプリメントをいくらとっていても、休息と睡眠もしっかりしないと、夜こそが身長が伸びる時間帯ですので大切にしてください。

 

また運動によって成長ホルモンの分泌を高められます。身長伸ばすのに期待できる運動は縦方向に圧力をかけられる運動です。

 

バスケットボールやなわとび、ジョギング、バレーボールといったジャンプの多い動きを取りいれることで骨に刺激が加わり、骨の成長と成長ホルモンの分泌を促してくれるのです。

関連ページ

中学生の身長アップ
中学生、野球をする少年たちへの身長アップ情報を集めます!中学生は人生の中で一番身長が伸びる時期です、しかし野球もうまくなりたい!厳しい練習と身長アップを両立していきましょう!
野球をする高校生の身長アップは?
野球をする高校生の身長アップは、栄養摂取、休息、睡眠をしっかり行うことから始まります。運動は十分にしていると思いますので、それ以外をしっかり行うことです。
野球部の高校生の筋力アップは!
中学、高校では身長が伸びるのと同時に筋力アップも果たしていかなければなりません。もちろん野球の技術も身に着けながらですので、大変な時期となります。
身長アップのためのアルギニンと
身長を伸ばすのに助けになる栄養素を紹介しています。アルギニン、カルシウムなどを多く含む食品をとることが大事ですが、十分に摂取できない場合はサプリメントの力を借ります。
中学生の身長の伸びは平均でどのくらいでしょうか?
中学、では人によって身長の伸びる時期は違いますが骨端線があれば伸びる可能性は残されています。中学生の身長の伸びは大きいと思われますが実際のところはどうでしょう
身長アップと筋トレの関係は?
中学、高校では人によって身長の伸びる時期は違いますが骨端線があれば伸びる可能性は残されています。ここでは、中学、高校生の筋肉トレーニングと身長の伸びを説明していきたいと思います。
実はストレッチも身長を伸ばす方法の一つ!
中学、高校では人によって身長の伸びる時期は違いますが骨端線があれば伸びる可能性は残されています。ストレッチで固くなった筋肉や腱を柔らかくすることは身長アップに役立つのでしょうか?
身長を伸ばすには生活習慣の改善も必要!
中学、高校では人によって身長の伸びる時期は違いますが骨端線があれば伸びる可能性は残されています。しかし、素晴らしいサプリメントをとっても肝心の生活習慣を見直さなければ、よい結果は出ないと思います。
身長を伸ばすためにやってほしい5つの習慣
中学、高校では人によって身長の伸びる時期は違いますが骨端線があれば伸びる可能性は残されています。ここでは野球少年に

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム