野球で肘を痛めた人の練習方法

スポンサーサイト

野球肘の時の練習方法!正しいフォーム

 

野球肘の直接の原因の一つはは、投球時の動作により肘から手にかけての筋肉と肘から肩にかけての筋肉がお互いに引っ張り合うことで肘の軟骨が損傷することにあります。

 

そしてこのような症状を呼んでしまうのは、投球フォームに問題があるか、毎日の投球数が多すぎることによるオーバーワーク、あるいはその両方が重なっていることが原因です。

 

それで野球肘を予防するためには、投球フォームの改善を含めた正しい練習方法が必要になってきます。

 

catcher

 

まず肘を傷めにくい投球フォームですが、そもそも野球の投球フォームは腕や肘を高く上げそのまま肩から腕を旋回させてボールを手放すという、非常に肩や肘に負担のかかるオーバーハンドスローですから、ソフトボールのようなサイドハンドスローと比べるとどうしても肘を壊しやすいフォームと言えます。

 

それでどうしても肘を護って投球したいのであれば、常にアンダーハンドスローで投げれば良いわけですが、勝つためにはそんなことはしていられませんね。

 

それでできるだけ肘を傷めないようにする基本は、まず投球方向に対して体を横に向け、腰をしっかりとひねり切ってから腕を振り下ろすことです。

 

振り下ろした時に手のひらがおへそに来るようなイメージですね。こうすることで腕は遠心力によって振り下ろされ、無理な力がかかってしまうことを最小限に抑えることができます。

 

また投球以外の正しい練習方法として、まずしっかりとストレッチを行うことをお勧めします。

 

背中をまっすぐに伸ばした状態で息を吐きながら肘や腕をゆっくりと伸ばし、この状態を5秒間維持します。

 

また投球は腕だけでなく股関節や肩などあらゆる箇所の筋肉を使う為、それらも入念にストレッチしておきましょう。

 


アイシングも大事なひじのケアの一つです。
 
運動後だけでなく、運動前やその最中にもアイシングで筋肉を冷やしてください。疲労した筋肉を冷やすとその部分の血管が収縮し、炎症を抑えることができます。アイスバックなどをタオルにくるんで肘にあて、感覚がなくなってきたらアイシング終了です。

 

また野球肘にならない1日の投球数は、小学生の場合で50球、中学生で70球、高校生で100球と言われています。

関連ページ

野球での肘を痛めた人が最初に見るページ
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。ここでは肘の痛みでもどんな種類があるのか、自分の症状から肘の病状を見ていきます。
肘の痛みの種類
野球肘の痛み、腫れなどのトラブル解決集です。内側、外側、後ろ側の痛みによって対処法が違いますので詳しく解説してあります。
もし、肘に痛みを感じで、野球肘だと思うなら。。
小学生、中学、高校の野球選手で肘が痛くなったら読んでください、肘に重い感じ、痛みを感じたら、この後どうしたらいいのか、肘の痛みの処置ののアドバイスです。
野球肘のためのおすすめの専門医療機関
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘が痛かったり、腫れたりした場合、どこの専門医に行ったら良いのかガイドです。
野球肘の痛みの解決法
少年、学童、中学、高校、草野球のひじの痛み腫れの解決法を探っていきます。アイシング、ストレッチから始まって色々な方法を探っていきます。
キャッチャーで肘が痛くなる原因は?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。肘が痛くなるのは何もピッチャーだけとは限りません、ボールをとり、投げるキャッチャーもピッチャーと同じように酷使されて、肘の痛みを訴える場合が多いようです。
野球肘にサプリメントは有効なのか?
野球肘に悩む少年は多く、現在も治療に通っている人も多いと思います。休息、治療、リハビリの3つが第一ですが、サプリメント等でそれを加速させることは可能なのでしょうか?
野球で肘が痛む場合のテーピングの効果
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。テーピングはどんなときに有効なのか?色々な例を出してテーピングの効果を探っていきます。
市販の痛みどめは、野球肘、野球肩に効くか?
野球肘の痛み、野球肩でどうしても痛みどめを使わざるを得ない場合市販の痛みどめで効果あるかについて書いてあります。
野球肘のためのテーピングの方法と効果
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャー、キャッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。テーピングをすることで、可動域を狭めて悪くなるのを抑える効果があります。
サイドスローに転向して野球肘、野球肩が治るか?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいですが、サイドスロー、アンダースローのピッチャーはどうなのでしょうか?個人名を出して検証していきます。
高校野球の関節機能検査
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘,肩を痛めることが多いですが。最近は始まった高校野球の関節機能検査のことに関して説明いたします。
野球肘、肩に効くサプリなんてあるのか?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャー、キャッチャーに多く発生しますが、ここでは処置法、治療法ではなく肘、関節によいサプリメントでなにかができるのかを探っていきたいと思います。
野球肘のリハビリ方法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。今回は症状が治まった後にどのようにリハビリをしてぷれに復帰すればよいかの法王を説明いたします。
野球肘の内側の痛みのためのテーピング法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。テーピングでも肘の内側と外側ではテーピングの方法が違います。ここでは野球肘の内側の痛みのテーピング方法を説明していきます。
少年の野球肘の予防法は?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。小学生、中学生で過去に野球肘、または肘か痛くなった場合、今後野球を続けていくにはどのようにして予防していったら良いかのガイドです
上腕外外側上顆炎と肘の痛み
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。今回は上腕外外側上顆炎という症状と、診断方法、ケアの方法を説明していきます。
アンダースローで投げるメリットは?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘や肩を痛めやすい中で投げ方を工夫して、負担を少なくする方法もあります。 それがアンダースロー、サイドスローなどです。
ピッチャー、キャッチャーは症状がなくても検診を!
ここではピッチャー、キャッチャーの検診ををお勧めしています。みなさん、ひじや肩が痛くなって病院や、治療院に行くことが多いと思いますがその時は症状が進んでいるばあが多く、治療も大変ですので定期的な検診をおすすめする記事です。

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム