高校野球での関節機能検査とは?

スポンサーサイト

高校野球での関節機能検査と役割と目的

 

高校野球では、日本高等学校野球連盟、いわゆる高野連が、選手の健康管理の一環として「関節機能検査」を行うことを定めております。これは投手として出場する可能性がある選手に対して、整形外科医による検査を行うことであり、肩や肘などに異常がないかどうか確認するものです。

 

もしこの検査の中で何かしらの異常が見つかった選手は、大会の開催要項にて大会での投球を禁止されることとなります。

 

もともとこういった決まりはありませんでした。しかし、1993年夏の甲子園大会におき、高野連と朝日新聞社が大阪大学医学部整形外科学教室と協力し、130人を対象に肩や肘を検査を行ったところ、肩や肘に強い炎症が見られた選手がそれぞれ19名ずつおり、故障歴がある選手が全体の7割を占めることがわかりました。

 

その結果を受けて、翌年から整形外科医師による、「投手肩・肘関節機能検査」が開始されることとなったのです。

 

検査内容は、主にレントゲン撮影、理学的検査、関節可動域、肩筋力の4項目となっており、検察結果は医師から選手本人と監督や部長に説明が行われます。そして理学療法士はこの内容に基づき、ストレッチや筋力トレーニングの指導を行っております。
 

 

先ほども述べたように、ここで何かしらの障害が発生していると判明した場合は、大会中の投球を禁止されます。ただ、あくまで投手としての投球となるため、野手としての出場は可能です。

 

高校野球、とりわけ春夏の甲子園の全国大会は、今や国民的な一大行事となっております。高校野球をしている選手はもちろん、そこに出場することと大会優勝を目指しているわけであり、多少なりとも無理をして出場する選手も少なくありません。
だからこそ、健全育成と障害予防をするために、こうした関節機能検査は大きな意味をもっており、定期的な健診が必要とされます。近年では、理学療法士が6~7名球場内に待機して、選手に対して多岐にわたってメディカルサポートを行っております。

 

 

もちろん選手個人の健康状態は重要な個人情報となるため、守秘義務を遵守するよう徹底し、主催者側とメディカルスタップの間で確実な情報伝達が行われるように気を配っているのです。

 

2014年の夏の甲子園大会では、出場する49校の投手の合計152人を対象に関節機能検査が行われ、12人に軽度な炎症が見られたのみで、投球禁止となる選手はおりませんでした。

近年はスポーツ医学も発展し、以前のような根性論ではなく、きちんと選手の健康状態と向き合って指導する傾向が増えております。
今後も選手を守っていくために、関節機能検査は重大な役割を担っていくでしょう。

 

 

関連ページ

野球での肘を痛めた人が最初に見るページ
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。ここでは肘の痛みでもどんな種類があるのか、自分の症状から肘の病状を見ていきます。
肘の痛みの種類
野球肘の痛み、腫れなどのトラブル解決集です。内側、外側、後ろ側の痛みによって対処法が違いますので詳しく解説してあります。
もし、肘に痛みを感じで、野球肘だと思うなら。。
小学生、中学、高校の野球選手で肘が痛くなったら読んでください、肘に重い感じ、痛みを感じたら、この後どうしたらいいのか、肘の痛みの処置ののアドバイスです。
野球肘のためのおすすめの専門医療機関
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘が痛かったり、腫れたりした場合、どこの専門医に行ったら良いのかガイドです。
野球肘の痛みの解決法
少年、学童、中学、高校、草野球のひじの痛み腫れの解決法を探っていきます。アイシング、ストレッチから始まって色々な方法を探っていきます。
野球肘の時の練習法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。まずは、自分のフォームをチェックして肘に負担がかかっていないか調べ、そのあとにアイシングなどのケアも行っていきます。。
キャッチャーで肘が痛くなる原因は?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。肘が痛くなるのは何もピッチャーだけとは限りません、ボールをとり、投げるキャッチャーもピッチャーと同じように酷使されて、肘の痛みを訴える場合が多いようです。
野球肘にサプリメントは有効なのか?
野球肘に悩む少年は多く、現在も治療に通っている人も多いと思います。休息、治療、リハビリの3つが第一ですが、サプリメント等でそれを加速させることは可能なのでしょうか?
野球で肘が痛む場合のテーピングの効果
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。テーピングはどんなときに有効なのか?色々な例を出してテーピングの効果を探っていきます。
市販の痛みどめは、野球肘、野球肩に効くか?
野球肘の痛み、野球肩でどうしても痛みどめを使わざるを得ない場合市販の痛みどめで効果あるかについて書いてあります。
野球肘のためのテーピングの方法と効果
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャー、キャッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。テーピングをすることで、可動域を狭めて悪くなるのを抑える効果があります。
サイドスローに転向して野球肘、野球肩が治るか?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいですが、サイドスロー、アンダースローのピッチャーはどうなのでしょうか?個人名を出して検証していきます。
野球肘、肩に効くサプリなんてあるのか?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャー、キャッチャーに多く発生しますが、ここでは処置法、治療法ではなく肘、関節によいサプリメントでなにかができるのかを探っていきたいと思います。
野球肘のリハビリ方法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。今回は症状が治まった後にどのようにリハビリをしてぷれに復帰すればよいかの法王を説明いたします。
野球肘の内側の痛みのためのテーピング法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。テーピングでも肘の内側と外側ではテーピングの方法が違います。ここでは野球肘の内側の痛みのテーピング方法を説明していきます。
少年の野球肘の予防法は?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。小学生、中学生で過去に野球肘、または肘か痛くなった場合、今後野球を続けていくにはどのようにして予防していったら良いかのガイドです
上腕外外側上顆炎と肘の痛み
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。今回は上腕外外側上顆炎という症状と、診断方法、ケアの方法を説明していきます。
アンダースローで投げるメリットは?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘や肩を痛めやすい中で投げ方を工夫して、負担を少なくする方法もあります。 それがアンダースロー、サイドスローなどです。
ピッチャー、キャッチャーは症状がなくても検診を!
ここではピッチャー、キャッチャーの検診ををお勧めしています。みなさん、ひじや肩が痛くなって病院や、治療院に行くことが多いと思いますがその時は症状が進んでいるばあが多く、治療も大変ですので定期的な検診をおすすめする記事です。

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム