野球のキャッチャーで肘を痛めた場合お悩み

スポンサーサイト

キャッチャーで肘が痛くなる原因は?

.
投球によって肘を使いすぎる傾向にある野球は、どのポジションであっても肘の関節を傷める「野球肘」になる可能性があるのですが、特にキャッチャーはその危険性が高いと言われます。

 

そもそも肘が痛くなる原因は、投球時に使う筋や腱が肘の骨をひっぱりそれが繰り返されることで炎症を起こしたり肘の骨の軟骨が剥がれ始めたりすることなのですが、キャッチャーというポジションは特にその可能性が高いというわけです。
野球肘,キャッチャー,痛い,腫れる,解決

 

特にキャッチャーの肘が痛くなる原因の1つは、その特有の動作にあります。捕手ですから当然しゃがんだ姿勢でピッチャーの投げる球を受け止めなければならないわけですが、この時右バッターでいうところのアウトコースのボールを受け止めることが多く、つまり左腕を内側にねじ込むような動作をすることが多いのです。

 

 

この動作はかなり腕に負荷がかかるだけでなく、股関節や骨盤にも影響が及びます。また他のポジションに比べて球を握る回数が多いのが捕手ですが、指を動かし握るための筋肉は手首から肘にかけての腕に付いている為、強く握れば握るほど、また握る回数が多ければ多いほど腕の筋肉が強い収縮を繰り返し、肘の軟骨を引っ張ることになります

 

更に座ったままでのピッチャーへの送球、ランナーに対する強い牽制球なども捕手ならではの動作で、肘に強い負荷を加えていると考えられます。

 

このようにキャッチャーは特に野球肘を起こしやすいポジションですから、肘が痛くなる前に予防に努めておく必要があります。予防法としては、まず常日頃ストレッチを行って屈筋や伸筋を柔軟にし、肘関節に衝撃を与えないようにしておくことが大切です。

 

投球動作は腕だけでなく肩や股関節など体全体で行うものなので、ストレッチも腕だけに留まらず、すべての部位をしっかり伸ばしておく必要があるでしょう。

 

また捕手というポジションは立ったり座ったり大声で指示を出したりと、非常に重要なポジションであり激務ですから、交代要員としてもう1人捕手を育てておくと良いといわれています。そのような、チームとしてのルール作りも野球肘の予防の1つになると言えるでしょう。

 

関連ページ

野球での肘を痛めた人が最初に見るページ
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。ここでは肘の痛みでもどんな種類があるのか、自分の症状から肘の病状を見ていきます。
肘の痛みの種類
野球肘の痛み、腫れなどのトラブル解決集です。内側、外側、後ろ側の痛みによって対処法が違いますので詳しく解説してあります。
もし、肘に痛みを感じで、野球肘だと思うなら。。
小学生、中学、高校の野球選手で肘が痛くなったら読んでください、肘に重い感じ、痛みを感じたら、この後どうしたらいいのか、肘の痛みの処置ののアドバイスです。
野球肘のためのおすすめの専門医療機関
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘が痛かったり、腫れたりした場合、どこの専門医に行ったら良いのかガイドです。
野球肘の痛みの解決法
少年、学童、中学、高校、草野球のひじの痛み腫れの解決法を探っていきます。アイシング、ストレッチから始まって色々な方法を探っていきます。
野球肘の時の練習法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。まずは、自分のフォームをチェックして肘に負担がかかっていないか調べ、そのあとにアイシングなどのケアも行っていきます。。
野球肘にサプリメントは有効なのか?
野球肘に悩む少年は多く、現在も治療に通っている人も多いと思います。休息、治療、リハビリの3つが第一ですが、サプリメント等でそれを加速させることは可能なのでしょうか?
野球で肘が痛む場合のテーピングの効果
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。テーピングはどんなときに有効なのか?色々な例を出してテーピングの効果を探っていきます。
市販の痛みどめは、野球肘、野球肩に効くか?
野球肘の痛み、野球肩でどうしても痛みどめを使わざるを得ない場合市販の痛みどめで効果あるかについて書いてあります。
野球肘のためのテーピングの方法と効果
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャー、キャッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。テーピングをすることで、可動域を狭めて悪くなるのを抑える効果があります。
サイドスローに転向して野球肘、野球肩が治るか?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいですが、サイドスロー、アンダースローのピッチャーはどうなのでしょうか?個人名を出して検証していきます。
高校野球の関節機能検査
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘,肩を痛めることが多いですが。最近は始まった高校野球の関節機能検査のことに関して説明いたします。
野球肘、肩に効くサプリなんてあるのか?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャー、キャッチャーに多く発生しますが、ここでは処置法、治療法ではなく肘、関節によいサプリメントでなにかができるのかを探っていきたいと思います。
野球肘のリハビリ方法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。今回は症状が治まった後にどのようにリハビリをしてぷれに復帰すればよいかの法王を説明いたします。
野球肘の内側の痛みのためのテーピング法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。テーピングでも肘の内側と外側ではテーピングの方法が違います。ここでは野球肘の内側の痛みのテーピング方法を説明していきます。
少年の野球肘の予防法は?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。小学生、中学生で過去に野球肘、または肘か痛くなった場合、今後野球を続けていくにはどのようにして予防していったら良いかのガイドです
上腕外外側上顆炎と肘の痛み
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。今回は上腕外外側上顆炎という症状と、診断方法、ケアの方法を説明していきます。
アンダースローで投げるメリットは?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘や肩を痛めやすい中で投げ方を工夫して、負担を少なくする方法もあります。 それがアンダースロー、サイドスローなどです。
ピッチャー、キャッチャーは症状がなくても検診を!
ここではピッチャー、キャッチャーの検診ををお勧めしています。みなさん、ひじや肩が痛くなって病院や、治療院に行くことが多いと思いますがその時は症状が進んでいるばあが多く、治療も大変ですので定期的な検診をおすすめする記事です。

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム