野球で肘を痛めたあとのリハビリ

スポンサーサイト

野球肘の症状とリハビリ方法

 

野球において、肘は最も故障しやすい箇所の一つです。ボールを投げる動作の時にかなり負担がかかりますし、バッティングにおいても肘に衝撃を受けることがあります。

 

野球における肘の故障を、総称して「野球肘」と呼びます。原因はいくつかあるのですが、例えば肘に負担がかかる投球フォームで投げていたり、過度な投球をしたり、単純に筋肉や関節の怪我などがあります。

 

野球肘の種類は?

 

野球肘にはどういった種類があるのでしょうか。主に内側型と外側型そして後方型で分かれており、特に内側型の方が危険性が高いとされているのです。

 

その内側型から説明していきましょう。肘の内側に何かしらの原因があるのですが、例えば靱帯を損傷していたり、内側の骨についている腱や筋を痛めていることで怪我につながります。ほとんどがストレッチ不足や投球フォームの異常で引き起こされるのです。

 

10代の選手ですと、ここから剥離などを起こして放っておくと、手術しか選択肢がなくなるので早めに専門家に診てもらうことが大切です。

 

次に外側型ですが、主に肘の曲げる部分の軟骨を痛めてしまうことで引き起こされる痛みです。小学生の時に発症しやすくなり、早い段階で治しておかなければ、将来的に肘が変形したり、曲げ伸ばしが正常にできなくなったりします。

 

最後に後方型ですが、これは上腕の後ろの筋に引っ張られて肘が伸びてしまった時に、骨同士がぶつかって痛みが発生します。腱が炎症してしまったり、骨が引き離されてしまう疲労骨折が起きることもあります。

 

このような状態で投球を続けると、さらに野球肘は悪化します。そのため、まずは治療することに専念をして、そこからリハビリ治療をしなければなりません。

 

 

正しい野球肘のリハビリ法は?

 

リハビリの方法を説明します。最初の段階では主にストレッチと手首を使った筋肉トレーニングです。肘の内側を伸ばしたり、肘の曲がりを改善するためのストレッチを行います。合わせてダンベルなどで肘の内側を鍛えるトレーニングを行いましょう。
軽いもので構いません。

 

徐々に痛みがなくなってきたら、いよいよ投球です。軽いキャッチボールから始め、痛みや違和感がないか確認します。徐々にキャッチボールの距離を伸ばして調整します。

 

 

そして最終的には遠投したり、ピッチャーであれば投球練習をして、問題がないか確認するのです。もちろん病院にも通い、医者に状態を診てもらいながら、GOサインが出るまでリハビリを続けましょう。

 

肘の故障は、日常生活にも支障をきたすことがあります。野球ができなくなることもありますし、肘の曲げ伸ばしすらできなくなることもあるのです。事実、私は放っておいたため、150度あたりまでしか伸ばすことができなくなっています。

 

もし野球肘になったら、早急に治療を行い、早期改善に努めましょう。そのためには正しいリハビリ治療方法を知り、無理のない生活を心掛けなければなりません。自分の体は大切にしましょう。

 

関連ページ

野球での肘を痛めた人が最初に見るページ
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。ここでは肘の痛みでもどんな種類があるのか、自分の症状から肘の病状を見ていきます。
肘の痛みの種類
野球肘の痛み、腫れなどのトラブル解決集です。内側、外側、後ろ側の痛みによって対処法が違いますので詳しく解説してあります。
もし、肘に痛みを感じで、野球肘だと思うなら。。
小学生、中学、高校の野球選手で肘が痛くなったら読んでください、肘に重い感じ、痛みを感じたら、この後どうしたらいいのか、肘の痛みの処置ののアドバイスです。
野球肘のためのおすすめの専門医療機関
少年、学童、中学、高校、草野球まで野球をする人達の肘が痛かったり、腫れたりした場合、どこの専門医に行ったら良いのかガイドです。
野球肘の痛みの解決法
少年、学童、中学、高校、草野球のひじの痛み腫れの解決法を探っていきます。アイシング、ストレッチから始まって色々な方法を探っていきます。
野球肘の時の練習法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。まずは、自分のフォームをチェックして肘に負担がかかっていないか調べ、そのあとにアイシングなどのケアも行っていきます。。
キャッチャーで肘が痛くなる原因は?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。肘が痛くなるのは何もピッチャーだけとは限りません、ボールをとり、投げるキャッチャーもピッチャーと同じように酷使されて、肘の痛みを訴える場合が多いようです。
野球肘にサプリメントは有効なのか?
野球肘に悩む少年は多く、現在も治療に通っている人も多いと思います。休息、治療、リハビリの3つが第一ですが、サプリメント等でそれを加速させることは可能なのでしょうか?
野球で肘が痛む場合のテーピングの効果
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。テーピングはどんなときに有効なのか?色々な例を出してテーピングの効果を探っていきます。
市販の痛みどめは、野球肘、野球肩に効くか?
野球肘の痛み、野球肩でどうしても痛みどめを使わざるを得ない場合市販の痛みどめで効果あるかについて書いてあります。
野球肘のためのテーピングの方法と効果
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャー、キャッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。テーピングをすることで、可動域を狭めて悪くなるのを抑える効果があります。
サイドスローに転向して野球肘、野球肩が治るか?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいですが、サイドスロー、アンダースローのピッチャーはどうなのでしょうか?個人名を出して検証していきます。
高校野球の関節機能検査
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘,肩を痛めることが多いですが。最近は始まった高校野球の関節機能検査のことに関して説明いたします。
野球肘、肩に効くサプリなんてあるのか?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャー、キャッチャーに多く発生しますが、ここでは処置法、治療法ではなく肘、関節によいサプリメントでなにかができるのかを探っていきたいと思います。
野球肘の内側の痛みのためのテーピング法
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘を痛めやすいです。テーピングでも肘の内側と外側ではテーピングの方法が違います。ここでは野球肘の内側の痛みのテーピング方法を説明していきます。
少年の野球肘の予防法は?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。小学生、中学生で過去に野球肘、または肘か痛くなった場合、今後野球を続けていくにはどのようにして予防していったら良いかのガイドです
上腕外外側上顆炎と肘の痛み
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。今回は上腕外外側上顆炎という症状と、診断方法、ケアの方法を説明していきます。
アンダースローで投げるメリットは?
肘の痛みの症状と解決法をお伝えします。ピッチャーは無理をすると肘や肩を痛めやすい中で投げ方を工夫して、負担を少なくする方法もあります。 それがアンダースロー、サイドスローなどです。
ピッチャー、キャッチャーは症状がなくても検診を!
ここではピッチャー、キャッチャーの検診ををお勧めしています。みなさん、ひじや肩が痛くなって病院や、治療院に行くことが多いと思いますがその時は症状が進んでいるばあが多く、治療も大変ですので定期的な検診をおすすめする記事です。

 
ホーム 東京のダイエットジム、トレーニングジムガイド 大阪のトレーニングジム 横浜のトレーニングジム